ハウスメーカーの注文住宅の工法の種類!!

家づくり

ハウスメーカーの工法の種類!!

 

ローコスト系ハウスメーカーと言えば「木造軸組工法」

風土が培った在来工法が最適だと言われていますが、果たしてどうなのでしょうか?良質の木材に忠まれていた日本で発達した伝統工法です。近年は、熟練した職人の不足を補うために、コンピュータのデータにより、機械で加工されたプレカット材を用いたり、接合部分にさまざまな補強金物を採用しています。これで技術のバラツキを解消、品質の向上と安定化を実現しています。

 

間取りや増改築にも柔軟に対応

木造軸組み工法の最大のメリットは、柱や梁で支えているので、壁などの枇造的な制約を受けにくく、間取りやデザインに柔軟に対応できる点です。すなわち、設計の自由度が非常に高いのです。また、柱の位置を自由に設定できるため、狭い敷地や変形敷地でも自在、開口部も大きく取れ、増改築もしやすい構造です。

価格幅が広いことも大きなメリット

使用する木材は国産材、産材のほか、板状の木材を接着し積層にした構造用集成材も積極的に活用されています。シンプル設計で一般的な木材を使えばコストが抑えられます。工期は手問を要する工程から4~6ヵ月が必要です。

注意すべき点は、柱、梁、筋交いなどがバランスよく配置され、緊結金物が適切に配されているかどうかでしょう。また、構造材の防腐・防蟻処理がきちんとなされているかなど、耐震性や耐久性が万全かを十分に確かめておきましょう。

木造軸組み工法採用のハウスメーカー

●タマホーム
●アキュラホーム
●アイダ設計
●富士住建
●アイフルホーム
●エースホーム
●ユニバーサルホーム

軸組み工法+パネル工法採用のハウスメーカー

●日本ハウス
●住友不動産
●ダイワハウス
●アエラホーム
●フィアスホーム
●クレバリーホーム
●ヤマダ・ウッドハウス
●一条工務店

耐震性が認められた2×4工法(2×6工法)

●2×4工法は70年代から急速に普及
2×4インチの木材を中心 にした枠組みに合板を張った免罪6面で支える2×4工法は、1974年に日本で認可されてから、その強固さが注目され、以後急速に普及しました。また、2×6工法は同じ工法ながら、壁の厚みが6インチとなり、 より強固で耐久性に優れています。

2×4・工法採用のハウスメーカー

●住友不動産
●三菱地所ホーム
●セキスイハイム
●富士住建
●セルコホーム
●メープルホームズ

2×6工法採用のハウスメーカー

●住友不動産
●三井ホーム
●東急ホームズ
●ウィザースホーム
●GLホーム
●セルコホーム

※セキスイハイムの資料請求はこちら!!

鉄骨造

強岡さと怪さを合わせもっのが最大のメリットです。基礎の下に捨てコンクリートを打ち、そこからアンカーボルトを立ち上げて柱を固定するので高い強度と耐震性、耐久性があります。ハウスメーカーの注文住宅では、主流は軽量鉄骨造で、3階建て以上の建物には重量鉄骨造が多くなります。施工方法はRC造よりもシンプルで短工期・低コストとなっています。柱と梁を緊結するラーメン構造にすると、大きな開口部や吹き抜けなどダイナミックな空間が可能です。注意点は、鉄骨の防錆処理や耐火被膜の施工が万全であること。鉄骨を組み上げるクレーン車が入る余地も必要です。

 

軽量鉄骨造採用のハウスメーカー

●積水ハウス
●大和ハウス
●セキスイハイム
●パナソニック ホームズ
●トヨタホーム
●ミサワホーム

工期が早く多くのハウスメーカーが採用するプレハブエ法

木質系

あらかじめ工場で、木材で組んだ枠に断熱材を充填し、構造用合板を張った木質パネルを生産するので品質が安定しています。現場では、接着剤や特殊な緊結金物でパネル を一体化していきます。強度や断熱・気密耐震・耐火性にも優れています。

鉄骨系

主流の軽量鉄骨・軸組工法では、柱と梁をつくり、そこに工場生産のパネルを取り付けます。強固で軽く、耐火性に優れているのが大きなメリットです。軽量鉄骨は、同じ強度の木材と比べると30%程度軽くすることがで き、それだけ負担を軽減することができます。

コンクリート系

プレキャスト板という、工場で計算され精製させた鉄筋コンクリートパネルの品質の良さがメリットです。このパネルを現場で組み立てますが、工法は2×4工法・2×6工法と同じ6面で支える構造になっています。高い強度や耐久耐火性、遮音性に優れています。

ユニット系

材質を問わず、工場内で骨組み から断熱材、内部下地、サッシ、外壁材などまで箱型のユニットをつくり込んで、そ れを現場に運んでユニットを一体化させます。全工程の80%程度を工場生産してしまうので工期は最短・低コストとなります。

 

高層住宅や耐震性を極めるならRC造

RC(鉄筋コンクリート)造は、圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋を一体化させており優れた強度、耐久性、耐震性、耐火性、遮音性を誇ります。また、プランの自由度が非常に高く、型枠の工夫次第で高デザインの家ができます。工期は、コンクリートを乾燥させるため約5~8ヵ月と長めです。重い構造のため地盤の補強が必要になることもあり、ほかの構造に比ベかなりコストは高めになります。

SRC造

RC造に、さらに鉄骨を加えてつくられているので抜群の強度ですが、一般の戸て住宅では少なく、主にマンションやオフィスビルに多く用いられています。ハウスメーカーの注文住宅では、ほとんど採用されていません。

コメント